本文へスキップ

 株式会社プラナリ・ジャパンは、従業員第一主義の中小企業を応援します!

■上場することの価値BENEFIT

 ■上場することの価値とは・・

   
   
既存市場への上場は、上場=IPO(Initial Public Offering)

   IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」とか「新規上場株式」

   となり、具体的には、株を投資家に売り出して証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるように
   することを意味することだと思われてきました。

   そして、IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ、
   上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益を出すことで、もっと簡単に
   言えば「上場する前に株を手に入れて上場後に売る」という作業で利益を得られるものでした。

   
しかし、東京プロマーケット市場は少し違います。

   特定のプロ投資家向けのため、上場後の株式の流動性が低い(殆どない)訳です。
   これまでの常識(一般的な認識)で捉えた場合、それでは上場ではないという専門家もいらっしゃる
   ようです。

   私たちの提案する【上場】は、株式公開による資金調達が目的とは違い、企業の堅実性を証明し一流
   に値する会社であることを公にする行為だと捉えています。従って、株で儲かるとかお金が集め易い
   と言ったレベルでの物差しではないことをご理解いただけるようご案内しています。

   では、具体的にはどの様な価値を得られるのでしょうか?
   東京プロマーケット市場への上場企業からの声です。

   ●上場企業として既存の上位市場と同等にみられるようになった。
   ●新規取引先などの取引開始などが容易になった。
   ●融資など審査の敷居が低くなり受けやすくなった。
   ●知名度と信用が増したため売上げがあがった。
   ●従業員の意識が変わり風紀や作業効率などの向上につながった。
   ●新卒や中途採用において優秀な人材の確保がしやすくなった。


   既存市場への上場に向けては、3期分の決算書の評価が必要なため期間も必要となります。
   その間に万一業績が下がるような事態が発生した場合には、プラス年数がかかることになります。
   東京プロマーケットの場合は直近の1決算期分の評価で申請出来るため、最短で1年以内で上場可能
   な場合も事実あるようです。

   また、現状の株主構成のままで申請が可能なため、新たに株主を設ける(募集するなど)の手続きが
   省け更に言えば、いきなり見知らぬ第三者が株主になることを回避することもメリットのひとつです。

   審査に合格し上場する際には、代表者の個人保証を外すことになりますので、社長の精神的負担を軽
   減し、これにより事業承継への後継者選びにも負担軽減できます。

   このように、経営の維持・成長を考えた時に、短期で上場のステータスを手に入れられることが如何
   に有効(効果絶大)なものであるかがご理解いただけると考えています。

   詳しいご案内を差し上げておりますのでお問合せ下さい。

   未来への展望



   ※経営者のための特別個別相談(土・日)受付中!
    ご予約は こちら から・・

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   目標設定 | ベネフィット | よくある質問 | 契約形態 
  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 

 ================
  PLANNING & ANALYTICS
 ================
  株式会社プラナリ・ジャパン
  E-Mail:
  info@planaly-japan.co.jp

 
 ================
   ■ 紹介プロダクト
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
  ※ アルファーメール
  ※O365/どこでもキャビネット
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
  ※ タブレットPC各種
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
  ※ ポケットFi-Fi
 −−−−−−−−−−−−−−−−
  
  ※ 採用適性検査
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
  ※ 売掛保証サービス ※
 −−−−−−−−−−−−−−−−
 
  ※ マーケティングツール
 ================