本文へスキップ

 株式会社プラナリ・ジャパンは、従業員第一主義の中小企業を応援します!


   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
【 社長・・あなたの会社も上場出来る! 】
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   
上場は【企業の夢】・【社員の希望】・そして【社長の誇り】

   

   会社を立上げ10年以上経営を継続できる企業は・・・
   6%という事実。

   志を持って立ち上げた会社なら、上場を果たさないと勿体ない
   と思いませんか?
   盤石な基盤を築いてこそ、健全な成長を臨める企業であると言
   えます。
   では、盤石な基盤を築くために、何を目標にするのか?

   売上目標や利益の追求は経営として当然の事でしょう!
   高度成長期には、大手上場企業の下請けでなんとか右肩上がり
   で継続できたかも知れません。
   ところがバブル崩壊以降、経費削減の煽りを受けて窮屈な取引
   から脱却できないままの経営を続けてきた企業は、そのしわ寄
   せを結局従業員に押し付けブラック企業化しています。


   社長・・あなたの会社は、誰のためにあるのでしょうか?

   お客様第一主義を掲げている企業が大多数ではないかと思います
   が、そのお客様の為に日々努力を重ね、結果を導き出しているの
   は・・・誰ですか?

   私たちは、働く人たち(従業員)第一主義こそが、会社を盤石
   にする基本中の基本だと考え、そのために、全社一丸となって
   明確な目標に向かう体制が重要だと訴えています。

   その目標の基準となるのが【上場】ではないでしょうか?


   
社長・・あなたの会社も上場できる新しい時代が来ていること
   をご存知ですか?


   私たちは、【上場】を経営戦略に取り入れ成長の基盤を盤石化
   し息の長い成長企業を創造するための支援を専門とする、経営
   コンサティング企業です。


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
【 東京プロマーケット市場とは? 】
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   
東京プロマーケット市場(TOKYO PRO Market)は、
   東京証券取引所とロンドン証券取引所が共同で設立した
   TOKYO AIM 取引所を東証が吸収合併(2012.7.1)した
   ことにより、新しくスタートした市場です。

   

   ロンドン証券取引所が運営するロンドンAIM の仕組みをモデル
   とし、この市場では特定投資家を対象とした市場として、通称
   「プロ向け市場」と呼ばれています。

   シンガポールの新興市場であるCatlistも、ロンドンAIMをモデル
   にして創設されました。
   TOKYO PRO Marketは、これまで日本に存在しなかった全く
   新しい仕組みのベンチャー市場と言えます。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
【 プラナリ・ジャパンは? 】
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   現在の日本企業の全体構造を顧みた時、このままででは
   (日本は)危険だと感じています。

   1990年代のバブル崩壊以降の景気低迷に追い打ちをかけるよう
   な今後の人口問題(就労人口の減少化+若年層の企業離れ風潮
   など)やインターネット時代を本格的に迎えた2000年以降の
   ビジネスモデルの変革を目の当たりにしながらも、変わらない
   ものが起業構造です。

   日本国内の企業数は約420万社、黒字企業は30%弱、そして
   上場企業は約3500社・・・
   逆に言えば、赤字企業が70%強もあり、上場企業数は0.1%に
   満たない状況な訳です。

   

   企業が赤字という事は、単純に銀行からの借入状態にあると
   考えると、貸している側の銀行側の負担も大きくなる訳で、
   その結果金融事情も崩壊するのは理解できます。

   もっと簡単な例で説明するならば、スポーツ界では一部リーグ
   ・二部リーグがあり、更には配下にリーグが存在し、ピラミッド
   型の構造が出来上がっているとうイメージです。

   1つの企業の中にも社長の椅子があり、取締役の椅子、部長の
   椅子、課長の椅子と順々にはピラミッド構造の様に人員が配置
   され、上を目指して個人の成長を促す構図となっています。

   ところが、企業に関してみれば一部と二部上場企業数は2500
   社、新興市場のマザーズとJASDAQでは1000社以下であり、
   まったく予備軍が育っていない状態なのです。

   これは、運悪くバブルが崩壊した為に起きた結果ではなく、
   それ以前の高度成長(バブル期)に中小企業支援の支援事業
   内容に大きな誤りがあったのではないかと思えてなりません。

   子供をお金で甘やかし、中身のある人間に育てて来なかった
   様な・・・

   今こそ、芯の強い企業づくり(盤石な基盤を再構築)に力を
   入れて、新興市場以下東京プロマーケット市場への上場構造
   を正常化させるべきであると考えています。

   当社は、強い会社づくり(人・物・金)に向けたバランスの
   整ったコンサルティングを得意として総合的かつ数値による
   見える化により具体的な改革を戦略的に支援します。

   東京プロマーケット市場への上場実務は、東京証券取引所認定
   のJ-Adviser企業(現在8社)が主体となって行いますが、
   当社はクライアント側の上場プロジェクトの一員または代行と
   して実務的コンサルティングを担います。


   上場すれば、会社の信用度と知名度は上がり、取引先や顧客
   への安心材料となり、従業員の意識向上につながります。
   資金繰りも上場前より容易になるのではないでしょうか!

   だけじゃない・・・

   従業員は世間から上場企業の社員と扱われ、その家族にも安心
   と誇り与えらます。
   そして、もうひとつとっても大事なのは・・・
   【社長の誇り】です。

   やってよかった・・社長を取り巻く多くの方から感謝される
   ことは間違いない事実です。

   いますぐ、上場に向けて動き出しましょう!

   お問い合わせはこちらから

 

 
================
  PLANNING & ANALYTICS
 ================
  株式会社プラナリ・ジャパン
  E-Mail:
  info@planaly-japan.co.jp

 ================
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

copyright©2015-2017
 PLANALY-JAPAN Inc. all rights reserved.